岸田首相、手術終了を速攻SNSで報告「体調に万全を期した上でこの難局に臨んで参ります」
スポンサーリンク

岸田首相、手術終了を速攻SNSで報告「体調に万全を期した上でこの難局に臨んで参ります」

記事によると…

・岸田文雄首相は11日、東京・品川のクリニックで、「慢性副鼻腔(びくう)炎」の治療で、内視鏡による全身麻酔の手術を受けた。手術は昼すぎに始まり約3時間40分後に終了。術後の経過も順調で、首相は同日夜、公邸に戻った。

【写真】「慢性副鼻腔炎」の治療のため、東京都内の病院に入る岸田首相

・首相はすぐにツイッターを更新。「手術が無事終わり、公邸に戻ってきました。多くの方からご心配や励ましの言葉を頂きまして誠にありがとうございました」と報告。「いま国内外で難問が山積しています。体調に万全を期した上でこの難局に臨んで参りますので、月曜から引き続きよろしくお願い致します」とつづり、予定通り13日から公務に戻る意向を示した。15日には衆院予算委員会の集中審議が予定されている。

・クリニックに入る際には、長男の岸田翔太郎秘書官(32)が同行した。翔太郎氏をめぐっては、先月の欧米訪問の際に官用車を使ったおみやげ購入や観光が週刊誌に報じられ、首相が国会で追及される事態に。今月3日には、性的少数者などへの差別発言で荒井勝喜氏が首相秘書官を更迭され、首相は秘書官の問題に振り回され続けている。

・ただ、この日ばかりは「首相の精神安定剤」(関係者)といわれる翔太郎氏が無事に?役回りをこなす機会になったとみられる。

・首相は昨年来、鼻づまりに悩まされ、国会答弁の際に鼻声で話す場面が目立った。今後も国会日程は立て込み、外交日程や5月の広島サミットへの準備も本格化するため、早期の症状改善が必要な状態だったのは間違いない。一方、最近、永田町には「4月衆院解散」のうわさも飛び交い、体調を万全にした首相による想定外の「仕掛け」を警戒する向きもある。【中山知子】

2月12日

「ルフィ」関与?“連続強盗”新たな岸田首相、手術終了を速攻SNSで報告「体調に万全を期した上でこの難局に臨んで参ります」逮捕者 「協力者」移送は比法相「できるだけ早く」(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース

岸田 文雄


岸田 文雄(きしだ ふみお、1957年〈昭和32年〉7月29日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(10期)、内閣総理大臣(第100代・第101代)、自由民主党総裁(第27代)、宏池会会長(第9代)。

ネット上のコメント

・もうこの人が総理じゃなくてもいい。

・手術は無事に終わって良かったですね。岸田はこの難局は乗り切れません。
総理の座も一層終わった方が国民の為です。その座から降りても、総理経験者と言う立場から偉そうに助言しないで下さい。

・体調に留意してじっくりと療養してください。一日も早くもう少し芯のある方に代わっていただければ幸いです。

・何故国会閉会中に処置しなかったのだろう?
今の日本は平事ではないと思うが、、、
総理大臣に有事の認識、危機感ないのかね?

・体調が良くなかったから、国民の考えとは掛け離れた政策を行っていたのでしょうか?

こんな記事も読まれています



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう