マヨネーズ4回目の値上げ キユーピー、卵高騰で
スポンサーリンク

マヨネーズ4回目の値上げ キユーピー、卵高騰で


記事によると…

キユーピーは2日、家庭用のマヨネーズやタルタルソースなど計36品目の参考小売価格を4月1日出荷分から約3~21%引き上げると発表した。マヨネーズの値上げは昨年10月以来で、2021年7月以降4回目。高病原性鳥インフルエンザの拡大などで鶏卵価格が高騰したことが要因としている。

2月2日

マヨネーズ4回目の値上げ キユーピー、卵高騰で

キユーピー マヨネーズ

1925年に誕生したキユーピー マヨネーズ。
発売以来、多くの方々に親しまれてきました。
ここでは、キユーピー社員をはじめ、マヨネーズに携わる様々な方に、
マヨネーズにかける想いや魅力を伺い、みなさまにお届けしていきます。

ネット上のコメント

特定のブランドにこだわりがある人は仕方がないが、それほどこだわりのない人はプライベートブランドで代替できるものも多いと思う。消費者としては選択肢があることはとてもありがたい。

最近特殊な状況にて価格上昇していますが、値上げせざるを得ない各企業の責任ではなく完全に政治の失敗だといえます。

、一人一人の生活を苦しめているという腹立たしい状況。それを誰も止められないんだから世界がプーチンに屈しているように見える。結局、悪には勝てないのかと失望しかない。

メーカー小売価格がいくら値上がったとアナウンスされても、実勢売価(実際スーパーで売られている価格)が肝心で、現状価格より最大30円ぐらいの値上がりかと思われます。 各スーパーで目玉商品として必ず特売を行いますので、慌てなくても問題ありません。

企業が販売する製品はそれぞれの企業が努力して販売価格に影響しないようにしている筈だが、原材料費高騰を理由に企業としては値上げするが、原材料費が下がっても販売価格が値下げされことはほとんどない。それなら販売価格がメーカーによって示されている商品も家電などと同じにオープン価格にすれば?

値上げが悪であるかのような報道そのものが、そこで働く人々の賃上げを阻んでいる。税金が高いとか、光熱費が高いから生活が大変なんだと言うならば、それを何とかできる議員を選ぶべきだろう。某政党の参議院議員の顛末を見るたびに、無関心さとあり得ない選択をしていく世代が増えていく現状に寒気がする。

企業として、コストが上がれば価格転嫁するのは正しい判断です。 家庭として給料が上がらなければ買い控えをするのは正しい判断です

こんな記事も読まれています




[華の会メール]中高年・熟年の為の恋愛コミュニティ

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう